地下室に憧れを持っていた友人。

友人の一人に、とても勉強家で、本を読むことが大好きなかたが
いらっしゃいます。
そのかたは、自分の小学校のころの同級生なのですが、
小学校のころから、その友人のお家に遊びに行きますと、
たくさんの書籍類がたくさんの本棚にぎっしりとつまっていました。
そして、その友人のお部屋は、たくさんの本棚がお部屋のほとんどを占領
していましたので、ほかの遊びをしたり、ほかのことをするスペースが、
まったくといってよいほどありませんでした。
それなのに、その友人は、大好きな本をどんどん購入しては、
しまいには本棚も置けないくらいになってしまい、ほかのお部屋にも
本を置くようになってしまっていました。
ご家族の方は、子供が好きな本なので、ほかのお部屋に置くことを許して
くれていたようですが、本人は少々気にしていたようです。
そのかたは、ずっとこの収納できない書籍類や本棚を収納することができる
地下室が欲しいと以前から言っていました。
そして、何年か前に地下室を増築し、収納スペースを確保しました。